造幣局 桜の通り抜け最新情報!カップルでのデートに使える?


zouheikyoku
造幣局 桜の通り抜けの最新情報についてです。

造幣局 桜の通り抜けといえば、大阪で有名な花見スポットでもあります。

僕も学生時代に一度だけ足を運んだことがありますが、花見スポットとしては素晴らしい場所です。屋台も出ているし、近くには水上バスもあります。

観光や、デートとして利用してみても良いかもしれませんね。

水上バスで大阪観光

アクセス:

地下鉄谷町線・京阪本線 天満橋駅 徒歩10分
地下鉄谷町線・地下鉄堺筋線 南森町駅 徒歩10分
JR東西線 大阪天満宮駅 徒歩10分


2016年は、管理人のじゅりを花見も兼ねて、桜の通り抜けに誘ってみようかな・・・。

若者のデートスポットとしても優秀な場所で、非常にオススメのデートスポットと言えます。




スポンサーリンク

造幣局の歴史


造幣局は、近代国家としての貨幣制度の確立を図るため、明治新政府によって大阪の現在地(大阪市北区)に創設され、明治4年4月4日に創業式を挙行し、当時としては画期的な洋式設備によって貨幣の製造を開始しました。

その頃我が国では、機械力を利用して行う生産工業が発達していなかったため、大型の機械設備は輸入するとしても、貨幣製造に必要な各種の機材の多くは自給自足するよりほかなかったので、硫酸、ソーダ、石炭ガス、コークスの製造や電信・電話などの設備並びに天秤、時計などの諸機械の製作をすべて局内で行っていました。また事務面でも自製インクを使い、我が国はじめての複式簿記を採用し、さらに風俗面では断髪、廃刀、洋服の着用などを率先して実行しました。

このように、造幣局は、明治初年における欧米文化移植の先駆者として、我が国の近代工業及び文化の興隆に重要な役割を果たしたので、大阪市が今日我が国商工業の中心として隆盛を見るようになったのも、造幣局に負うところが少なくないといわれています。

その後、造幣局は、貨幣の製造のほか、時代の要請にこたえて勲章・褒章及び金属工芸品等の製造、地金・鉱物の分析及び試験、貴金属地金の精製、貴金属製品の品位証明(ホールマーク)などの事業も行っています。

平成15年4月1日から、独立行政法人造幣局となりました。

スポンサーリンク


引用:http://www.mint.go.jp/about/profile/guide_mint-history.html


造幣局に関係が?五代友厚様はイケメン


「造幣局 桜の通り抜け」と検索してみると、少しだけ聞いたことのない言葉が・・・

五代友厚

誰だこれ・・・?

ということで、好奇心に任せて調べてみました!

五代友厚のプロフィール

名前:五代友厚(ごだい ともあつ)

職業:鉱山王

偉業:
大阪市立大学設立
造幣寮設立

幕末から維新へ、長崎を中心に外国との交易が盛んになるにつれて、日本通貨の欠陥が明らかになってきた。幕府の金銀貨幣は質にばらつきがあり、金と銀の交換比率が国際基準と大幅に異なっていた。各藩が藩札を発行し、偽造通貨も出回っている状況だった。このような状況を脱出し、日本が近代的な経済国家になるには、何を置いても国際的に通用する通貨が必要だった。ところが欧米式の貨幣をどう作ったらいいのか、その手がかりが無い。そこで活躍をしたのが五代友厚である。
五代は新政府の要人に知り合いが多く、特に大久保利通に信頼されており、新貨幣製造のことも大久保から話を持ち掛けられたようだ。彼は旧知の英国商人、トーマス・グラバーに会い、香港に英国の造幣機が使われぬままに、という情報を得て、グラバーを通じて英国政府と交渉し、格安の6万両で購入する道を開いた。そしてその造幣機を用いて西洋式の「造幣寮」を建築し、国家的な特大プロジェクトとなっていった。

引用:wikipedia


簡単に言うと、大阪市立大学を設立して、造幣局設立に大きく関係している凄い人!ってことですね。

写真を見たらわかりますが、これまたイケメンです。

godaitomoatu
ドン。

これほどの美男子であれば、さぞモテたことでしょう。

朝ドラの、「あさが来た」で、ディーン・フジオカさんが五代友厚役を演じていたようです。

huziokadhi-n
DEAN FULIOKA公式サイト

五代友厚さんもイケメンですが、演じるディーンフジオカさんもなんとまたイケメンでした。

造幣局 記念メダルがカッコいい


平成26年 桜の通り抜け記念メダル
medaru
平成27年 桜の通り抜け記念メダル
medaru27
個人的には平成27年度のメダルが好きですが、28年度のメダルはどうなるのでしょうか。

凄く楽しみですし、毎回完売になるようなので早めに購入してみたいですね。

満開時期や見学の見ごろはいつまでか


桜の開花から、満開までは約1週間です。

2016念の桜の開花予想は3月23日なので、
満開は4月1日(金)あたりになりそうですね。

参考:桜開花予想

造幣局の桜の通り抜けは、近くに美容専門学校があったはずです。それもあり、4月1日は新美容学生が多く出現すると思うので、若者にとっては色んな意味で満開になりそうです。

桜は満開から1週間は楽しめるので、4月7日~9日(4月第2週)辺りまでは桜を楽しめそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする