心霊現象はなぜ起こる?種類や原因はなに?本当に幽霊はいる?


夏になると、テレビ番組は心霊現象を調査するものや、心霊動画のランキングのものだったりと、怖い番組をよく見かけますね。

皆さんは、心霊現象を信じますか?
または体験したことありますか?

心霊現象には種類があり、調べてみると心霊現象が起こる原因もあるようです。今回はなぜ心霊現象が起こるのかについて調べてみました。

さてさて、本当に幽霊はいるのでしょうか・・・?

スポンサーリンク

心霊現象とは

おばけ

心霊現象とは、超常現象の中で霊魂が起こしていると考えられているものをいいます。現時点では、自然科学的な知識では説明しきれないことなのですが、心霊現象を間近で体験したり、話を聞いたことがある人が中にはいます。心霊現象には種類があります。

ラップ現象

ラップ現象とは、誰もいない部屋や存在しない空間から音が鳴ったり、鳴り響いたりする現象です。超常現象または心霊現象といわれるものの一つですが、原因不明の音声がなる現象をラップ現象ともいいます。

金縛り

金縛りは、主に寝ている時に起こります。意識がはっきりしている中、体だけ動かすことができない症状です。

ポルターガイスト現象

ポルターガイスト現象とは、触れてもいない物が動いたりする現象のことです。物体が動くだけではなく、おもちゃが勝手に動いたり、物が急に倒れたりすることもあります。

霊臭

霊臭とは、マイナスエネルギーを持った霊が出す不快な臭いのことです。そのような霊がいる所では、ヘドロのような泥臭い臭いがするといわれています。

心霊現象はなぜ起こる?

心霊現象が起こることや、幽霊を見えたりするのは何故なのでしょうか。

現時点では、本当にいるのかいないのかはわかりません。自然科学的なことだといてるとは説明出来ないようですが、実際、幽霊はいるのではないかと考えることもあると思います。

しかし、心霊現象が起こることや幽霊が見えることは、磁気による幻覚ともいわれています。人間は磁気刺激により幻覚を見ることがあるといわれているようです。人間の脳が磁気を受けることで、実際には存在しない映像や音などが、あたかも体験しているかのように感じることがあるそうです。

そのようなことで、心霊現象を体験しているのではないのか、といわれています。

また幽霊を見る場所にも原因があるといわれています。

墓地断層の場所は、よく心霊現象が起こるところや幽霊を見える場所でよく聞きますよね。そこにも電気が発生しているようで、勝手に想像した幽霊像を幻覚として見てしまうようです。

体を引っ張られたり、触られたという現象も、電磁波といわれています。電磁波が体内に吸収されると筋肉や靭帯が収縮するといわれているので、心霊スポット(墓地・橋・断層)に行くことで微量な電磁波を感じ取った体が、誰かに引っ張られたと勘違いするようです。

心霊現象についてのまとめ

心霊現象は科学的にも証明することはできますが、本当に起こっているのではないかとも思います。人によっては見える見えない、聞こえる聞こえないと違いますが、私は、幽霊や心霊現象を少し信じています。

祖母のお葬式の夜に、いとこと一緒にスーツを着た人が玄関にたっているのを見かけたのですが、他にいた親戚には見えなかったりとか気づかなかった経験がありました。

幽霊や心霊現象を信じるかは信じないかは、あなた次第です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする