2017年の六義園の紅葉の見頃やアクセス方法は?デートにもおすすめ!


東京都文京区にある歴史ある日本庭園

六義園(りくぎえん)

の紅葉が有名なことは知っていますか?

歴史のある日本庭園であり、紅葉の時期になると素晴らしい光景を見ることができます。

六義園では紅葉の時期になるとライトアップも行っていて、幻想的な光景を見ることができるのでデートスポットとしても人気があります。

今回は、2017年の六義園の紅葉の見頃やアクセス方法や駐車場などの情報を調べました。

スポンサーリンク

六義園の紅葉

六義園
六義園は江戸時代からあり、当時は江戸幕府政権下にあった回遊式築山泉水の代表する庭園であります。園内は広くて、山や池もあり、色んな風景を楽しみながら四季を感じることが出来ます。

春はしだれ桜やソメイヨシノなどの春の景色を楽しみ、夏はアジサイやハギなどを見ることも出来ますし、秋になるとハゼやモミジなどの紅葉を見れて、冬はウメやツバキを楽しむことができます。

六義園では春夏秋冬、その季節の植物などを満喫できるのでとてもおすすめのスポットです。

秋の紅葉の時期は夜のライトアップされた紅葉がとても人気があります。昼間とはがらりと変わった雰囲気には圧倒されるほど美しいです。

六義園の紅葉の見頃

六義園の紅葉の色づき始めや見頃はこちらです。
色づき始め 例年11月中旬
紅葉の見頃 例年11月中旬〜12月上旬
例年11月中旬から色づき始めて、12月中旬まで見頃を迎えるようです。
2017年も11月中旬から色づき始めて、12月中旬まで見頃になると思います。

綺麗な紅葉が見ることにも条件があり、

しっかり太陽の光を浴びる
昼と夜の気温差が激しい

スポンサーリンク


などがあげられます。

なので、2017年の紅葉は綺麗に見れること間違いないと思います。

六義園のアクセス方法

六義園の住所や駐車場やアクセス方法をまとめました。
住所 東京都文京区本駒込駅6丁目
入園料 一般:300円

65歳以上:150円
アクセス 電車:JR・東京メトロ南北線 駒込駅から徒歩7分

都営地下鉄三田線 千石駅から徒歩10分
駐車場 なり
六義園には駐車場がありません。
もし車で行きたい方は近くの有料パーキングを利用しないといけません。

紅葉の時期になると混雑が予想されるので事前に調べてから行くことをおすすめします。

六義園から一番近いパーキングは、文京グリーンコートになります。平日だと最大1200円で利用することができるのでおすすめします。

・六義園の周辺地図

六義園のおすすめスポット

六義園にはおすすめのスポットがいくつかあります。

・つつじ茶屋
・水香江
・心泉亭の抹茶茶屋
・ライトアップされた庭園


私のおすすめは、光で水の流れを表現した水香江です。光と紅葉が調和されて幻想的な光景がみることができます。

大切な人同士やカップルでデートで行かれることをおすすめします。

またゆっくりと抹茶や上生菓子を楽しむことができる場所もあるので、そこでも紅葉を見ながら日本の風情を満喫することができます。ライトアップ期間中は営業時間が延長されています。

六義園では、今年で17年目を迎える「紅葉と大名庭園のライトアップ」が開催されます。
水面に浮かび上がる光景や、秋の落ち着いた雰囲気を感じることができるので、ぜひライトアップされた紅葉を体験してください。
期間 2017年11月18日(土)〜12月6日(水)
時間 9時〜21時まで(最終入園20:30)

最後に

六義園の紅葉はカエデが400本以上、ハゼノキやイチョウなども560本以上があるので色んな場所で紅葉を楽しむことができます。

歴史ある庭園の紅葉をぜひ、体験してください。最後まで読んでいただきありがとうございました(*^_^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする