醍醐寺の紅葉2017年の見ごろやライトアップは?アクセス方法は?


京都にあり、文化財として世界遺産に登録された

「醍醐寺」

は紅葉の名所としても有名なことを知っている方が多いかと思います。

春は桜の名所としても人気が高い醍醐寺。
広大な敷地に内には金堂・五重塔・薬師堂などが立ち並び、京都市内最大の寺院です。

今回は醍醐寺の紅葉の見ごろやライトアップ情報やアクセス方法について調べました。

スポンサーリンク

醍醐寺の紅葉

醍醐寺
醍醐寺の紅葉は本当に幻想的で綺麗で京都内でも人気が高いスポットです。
日本の昔からの建造物を見ながら、有名な豊臣秀吉が設計した三宝院庭園とモミジと合わさったスポットはとても美しい風景を楽しむことができます。

2017年の紅葉の見ごろ

醍醐寺の紅葉の色づき始めや見ごろを以下にまとめました。
色づき始め 例年11月中旬
紅葉の見ごろ 例年11月中旬〜11月下旬
例年11月中旬から色づき始めて、11月中旬から下旬にかけて見ごろを迎えているようです。
2017年も恐らく11月中旬に行くことをおすすめします。

紅葉の種類

醍醐寺の紅葉の種類は様々です。
広大な敷地の中にはたくさんの建造物なども多く、その周りには落葉広葉樹が多く、秋を迎えるととても綺麗な紅葉を楽しむことができます。

・モミジ
・イチョウ
・コナラ
・リョウブ

スポンサーリンク


の種類の紅葉を見ることができます。

醍醐寺は春の桜の時期もとても人気で、綺麗な桜を見ることができます。
秋も春も楽しむことができるので醍醐寺はとてもおすすめの観光のスポットでもあります。

醍醐寺のライトアップ

醍醐寺では平成23年から紅葉のライトアップが行われています。
事前申込が必要ではありますが、昼に見る紅葉とはまた違う美しい紅葉を見ることができるので人気があります。

2016年の事前申込の情報になります。
会場 醍醐寺の下伽藍(金堂・五重塔・林泉など)
日時 2016年11月18日〜12月4日まで 18:00~20:50

(受付終了 20:10)
料金 一人 1000円

(団体 800円(30名〜)
2016年はこのように行われていました。
2017年の事前申込ページはまだ作られておりませんが、情報が出ましたらすぐに紹介します。


醍醐寺のアクセス方法や地図

醍醐寺のアクセス方法や地図を紹介します。
住所 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
アクセス 電車:地下鉄醍醐駅から徒歩10分

車   :阪神高速道路8号京都線山科出入り口から約10分

迷信高速道路京都東ICから約18分
駐車場 有料
醍醐寺にも駐車場はありますが、数が限られています。
近隣のパーキングエリアを利用するか、電車やバスで来ることをおすすめします。

周辺は大変混雑が予想されるのでスムーズに行きたいと考えている方は交通機関を利用するのがいいと思います。

・醍醐寺周辺の地図

醍醐寺のおすすめスポット

醍醐寺には紅葉が綺麗に見えるスポットがいくつかあります。

ぜひ、醍醐寺に紅葉を見に行く方は覚えておいてください。

・弁天橋
・三宝院
・仁王門奥にある参道
・林泉苑


三宝院庭園はかの有名な豊臣秀吉が設計しました。
豊臣秀吉は醍醐の花見も好きで、春の次に風情を楽しむことができる醍醐のモミジ狩りを楽しみにしていましたが、その年の夏に亡くなりました。

豊臣秀吉は、秋の綺麗な紅葉を見ることが出来ませんでしたが、現在はたくさんの人が訪れてその風景に感動しています。

醍醐寺の紅葉は豊臣秀吉の見たかったであろう風景を目に焼き付けて楽しむことができるので、たいへん人気の紅葉名所です。

最後に

京都にはたくさんの紅葉の名所がありますが、醍醐寺は京都内でも人気の紅葉名所です。

一度は行ってほしいと思うぐらい素敵な光景を満喫できるので2017年はぜひ、醍醐寺の紅葉を見に行かれてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする