グラノーラの栄養やカロリーは?朝食におすすめの理由は?


ダイエットや健康思考の方がよく食べている

「グラノーラ」

そのまま食べてもいいですし、牛乳やヨーグルトと一緒食べても美味しいです。最近ではドライフルーツやナッツ類が入ったフルーツグラノーラも大人気です。

今回はグラノーラの栄養やカロリーなど朝食におすすめの理由について調べました。

スポンサーリンク

グラノーラとは

グラノーラ グラノーラは、オーツ麦の一種・麦・玄米・とうもろこしなどを食べやすく押しつぶしたものを原料としてココナッツやナッツなどと蜂蜜やシロップや植物油と混ぜてオーブンで焼き上げたシリアル食品のことです。

朝食に牛乳やヨーグルトをかけて食べたり、おやつにしてそのまま食べたりします。栄養価が高く、手軽に食べれるためハイキングや登山の時に持っていく方も多いと思います。

グラノーラは19世紀末のアメリカが始まりです。発明したのはジョン・ハーヴェイ・ケロッグ博士です。シリアル食品で有名なケロッグ社の共同創始者でもあります。菜食主義者のための病院食がグラノーラが出来た発端と言われています。

グラノーラの栄養やカロリーは?

グラノーラの主原料となるオーツ麦は白米と同じ穀物ですが、栄養価がとても高いです。
例えば、同じ量のグラノーラと白米を比べた場合、

食物繊維・・・20倍
鉄分・・・2倍
植物性たんぱく質・・・2倍
カルシウム・・・5倍

スポンサーリンク



も多く含まれていると言われています。

その他にもナッツにはビタミン類やポリフェノールが豊富に入っており、またドライフルーツにはビタミンCやビタミンBなどを中心としたビタミン類やミネラル成分や食物繊維が豊富に含まれています。

ビタミンは抗酸化作用が高まって老化防止に効果がありますし、ビタミンBなどは疲労回復に効果があり、ビタミン類やポリフェノールには美容効果が期待できます。

グラノーラは様々な面で栄養価が高く、炭水化物が低めなので「低糖質ダイエット」におすすめです。

朝食におすすめの理由

グラノーラが朝食におすすめの理由は、調理いらずで手軽に食べることが出来るので忙しい朝などにおすすめだからです。

朝食は忙しくて食べない方も多いかと思いますが、グラノーラだと簡単に食べることができるのと栄養をしっかり取ることができるので、朝からシャキッと1日を過ごすこと出来ると思います。

また、グラノーラの効果も素晴らしいという理由もあります。

食物繊維が豊富
原料であるオーツ麦には多くの食物繊維が含まれています。そのため、便秘解消に効果が期待されます。また、食物繊維は水分を吸収すると膨張するので腹持ちが良く、間食をしなくてもすむようになります。

鉄分が豊富
鉄分が豊富なため貧血予防に効果があります。女性は鉄分が少なく貧血気味の方が多いのでしっかり鉄分を摂取することをおすすめします。

まとめ

「グラノーラ」にはたくさんの栄養が含まれています。
またナッツやドライフルーツが入ったものを食べることでより良い効果を実感できるので、健康思考やダイエットのサポートになると思います。

まず、朝食にグラノーラを取り入れてみてはいかがでしょうか?おすすめします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする