秋刀魚(さんま)の旬や栄養や効能は?ダイエットや美容の効果は?


日本人にとって馴染みが強い

「秋刀魚(さんま)」

塩焼きにしても蒲焼にしてもお刺身にしても秋刀魚は美味しいですが、秋刀魚には栄養がたくさん含まれており、ダイエットや美容にも効果があります。

今回は秋刀魚について、旬や栄養や効能について調べてみました。

スポンサーリンク

秋刀魚の旬はいつ?

さんま 秋刀魚の旬はいつなんでしょうか?

今では一年中、秋刀魚を食べることは出来ますが、秋刀魚の旬は「秋頃」です。9月〜11月が脂がのってて美味しいと言われています。生の秋刀魚の旬は9月〜10月後半までが一番美味しいと言われています。

秋刀魚は8月末頃に北海道で水揚げが始まります。そして徐々に南下して三陸沖までが水揚げをしますが三陸沖の海は親潮と黒潮がぶつかる世界三大漁場のため、餌が豊富で秋刀魚に脂がたくさんのります。

旬のこの期間に獲れる秋刀魚はサイズが大きく、脂もたくさんのっていて、新鮮な秋刀魚しか生で食べれないのでお刺身やお寿司が好きな方はおすすめします。

秋刀魚の栄養や効能

秋刀魚にはたくさんの栄養が含まれています。

ビタミン
鉄分
カルシウム
EPA(エイコサペタンエン酸)
DHA(ドコサヘキサエン酸)

スポンサーリンク


EPA(エイコサペタンエン酸)・・・体内のコレステロール値を下げるため脳卒中や成人病予防に効果
DHA(ドコサヘキサエン酸)・・・血液の流れをよくして、脳の老化防止に効果

秋刀魚に含まれている

・EPA(エイコサペタンエン酸)
・DHA(ドコサヘキサエン酸)

には血行を良くして血液をサラサラにする効果や脳細胞を活性化させて頭の働きを良くしたりする効果があります。そのため、脳梗塞や心筋梗塞などの予防や認知症やアルツハイマーの予防にも効果があると言われています。

お年寄りの方にも育ち盛りのお子様にとっても秋刀魚は食べることをおすすめします。

ダイエットや美容の効果

秋刀魚が健康にいいとわかりましたが、ダイエットや美容効果についても紹介します。

ビタミン

美肌にはビタミンが必要です。秋刀魚にはビタミンA,ビタミンD,ビタミンE,ビタミンB2などのビタミンが含まれています。

ビタミンA・・・免疫力や抵抗力を高めてお肌を綺麗に保つ効果
ビタミンE・・・アンチエイジングに効果
ビタミンD・・・健康な骨を維持する効果
ビタミンB2・・・細胞の再生や粘膜を健康にする働きや脂肪燃焼効果

レチノール

秋刀魚の内臓(わた)にはレチノールという成分が豊富に含まれています。レチノールは新しい細胞を作り出したり、細胞の水分を保つ働きがあります。お肌の乾燥を抑えてくれるのでシワ予防・コラーゲン増加・エラスチン修復してくれる効果が期待できます。

鉄分

鉄分は貧血予防もありますが、コラーゲンを体内に取り入れるためにも鉄分が必要になります。鉄不足によってシワが増えたりシミが出来たりとするので、美容のためには重要な栄養素となります。

まとめ

秋に旬の秋刀魚は美味しいだけではなく栄養が高いことがわかりました。鉄分、カルシウム、ビタミンA,ビタミンD,ビタミンE,ビタミンB2、糖質、脂質などたくさんの成分が含まれています。

その成分の効能として、

貧血予防
脂肪燃焼効果
肥満解消
血液サラサラにする効果
頭の働きをよくする効果
コラーゲン生成
免疫力を高める効果
抵抗力を強くする効果
アンチエイジング効果


が、あげられます。

脂が乗った秋刀魚は美味しいけど太らないかと心配される方もいるかと思いますが、秋刀魚はダイエット中でも美味しく食べていただけたら嬉しいです。美容にも健康にもおすすめの秋刀魚をおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする