死島戦線第2巻を無料で読む方法とネタバレ


死島戦線の第2巻が販売されたので早速読んでみました♪

今回もワクワクする展開が繰り広げられて、第3巻の発売が待ち遠しいですね。

こちらで死島戦線を無料で読む方法をご紹介していきますね。

スポンサーリンク

死島戦線を無料で読む方法で大切なのはU-NEXT


死島戦線を無料で見れたら嬉しいですよね。

実際に購入すると、書籍代として約500円かかってしまうので、これが無料になるのは大きいです。

そこで管理人が見つけた無料で見るための方法は、U-NEXTというサービスを使う方法です。

最近頻繁にテレビCMをやっているHuluと同じ種類のサービスですね。

U-NEXTでは、

ワンピース
進撃の巨人
食糧人間
今際の国のアリス
帝一の國

などの話題の最新漫画が常に貯蔵されています。

そして、こちらの無料トライアルにご登録すると、最新漫画や書籍を見れる600円分の無料ポイントが付いてくるのです。

u-next
今回の方法は、U-NEXTの無料トライアル利用後に、この600円分のポイントを使って死闘戦線を購入するという方法です。

U-NEXTを運営している会社は東証一部にも上場しているので、安心して無料トライアルをご利用できますね。

NEXT無料トライアルを使ってみる
31日間は、U-NEXTを完全に無料でご利用いただけます♪

実際に管理人は月に百冊以上漫画を読んでいますし、

U-NEXTに登録しても、

・31日の無料トライアル期間内に解約すれば一切費用はかからない
・東証一部上場企業が運営しているので個人情報は厳密に保護される

また、

・70誌以上の雑誌も読み放題
・最新の漫画やアニメもPCやスマホからいつでもどこでも気軽に見れる
・海外ドラマや映画なども

などなど。

実際に利用してみたところデメリットは特にありませんし、安心して使えてさらにオトクな特典も付いてきます。

もし漫画を購入して読もうと思っているなら、U-NEXTに登録して読むと非常にオトクなので、U-NEXTの無料トライアルをぜひ利用してみてくださいね。

NEXT無料トライアルを使ってみる

死島戦線の第2巻のネタバレ


戦闘ヘリのアパッチが支給されることに驚く八坂や浦沢に勝谷たち。

その時に、愛から八坂に電話がかかってくる。

電話の内容は「夜動くのは危険だから、朝になって合流しよう」とのこと。

八坂は愛に早く会いたい気持ちを押させつつ、冷静な愛の言葉を受けて朝に備えて眠ることに。

そして朝になりヘリ争奪戦を迎えることになる。

朝になり、八坂が寝ている間に合流した不気味なバーの店員が目の前にいてビックリして目が覚める八坂。

その後、ヘリ争奪戦に向けて八坂や浦沢、勝谷たち東軍は、アパッチが支給されるであろう場所に向かうことに。

その場所で待っているとヘリが降りてきて、すぐにヘリに向かおうとする八坂に対し、浦沢は危険だから動くなとの指示。

なんと、そのヘリの周りには南軍の女が待ち構えていたのだった。

先に動いた場所を探られ、他の南軍の仲間に打たれると思った八坂ら東軍はそのまま待機する。

少し待機していると、南軍らメンバー数人が動き出すが・・・・

なんど、南軍のメンバーが次々と撃たれていく。

おじさんがやったのかと思われたが、実はその場には、南軍の他に北軍が息が息を潜めており、その北軍のメンバーのよって撃たれたのであった。

それも、北軍のメンバーは東軍を圧倒する10名。

その中には、テレビでも有名な軍事評論家も混じっていた。

そのメンツに圧倒される東軍は、ヘリのアパッチが奪われるのをただただ見ているしかできなかった。

その後は、そのヘリの殲滅力の高さによって、西軍が一瞬にして殲滅させられる事態に。

どうにかヘリの脅威から逃げることに成功した東軍一味は、塹壕を見つけてそこで隠れることに。

しかし、その場に怪我をした南軍の女が逃げてきたのであった。

その女を捕虜にして捉える東軍であったが、その女は八坂に
「自分を解放すれば、彼女(愛)の居場所を教えると取引を持ちかける」

その言葉に揺らぐ八坂。

そして、夜の見張りの間に南軍の女を逃がそうとした八坂だったが、おじさんに見つかってしまう・・・

そのタイミングと同時に携帯に電話が掛かってきて・・・

なんと、ヘリを撃ち落とすほどの武器「FIMスティンガー対空ミサイル」が、北軍には秘密で支給されることが伝えられる。

その武器を手にするために朝になって移動する東軍一味。

捕虜である女を開放する代わりに愛の居場所を聞こうとしたが、寸前のところでヘリがやってきて女とはバラバラに。

結局、愛や沙織の居場所は聞けず。

その後、ヘリの天敵となるスティンガーを見つけることに成功するが、スティンガーを打ってヘリを落とすためには、ヘリを見晴らしのいい場所に誘導する必要があるとのこと。

その誘導役、つまり囮役が必要だとおじさんから伝えられる。

しかし、八坂は「おれがやらなきゃならない」と、自分がその囮役になることを決意。

そして、朝9時に作戦を実行してヘリを撃ち落とすために待機していた八坂のもとに、

「八坂くん・・・助けて!!!」

と愛から電話がかかってくる・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする