インフルエンザの症状や予防と対策は?感染しないようにするには?


寒くなってくると体調が崩れてしまって風邪ひいたり、熱が出たりしますよね。

そして流行るのが「インフルエンザ」毎年、インフルエンザは流行し、学校を休んだり仕事に行けなかったりする方もいると思います。

私は今までインフルエンザにかかったことがないので、どのくらいしんどいのか正直わからないですが、周りの人に聞くと本当にしんどいみたいですね。

今回は、インフルエンザについて症状や予防対策などを調べてみました。
もし家族や旦那さんや子供がインフルエンザにかかった場合、うつらないようにするためにも事前にインフルエンザのことを知っておくことが大切です。

スポンサーリンク

インフルエンザウイルス


インフルエンザ
インフルエンザは一般的な風邪(鼻水、のどの痛み、咳など)と違い、インフルエンザウイルスに感染することによって起きます。一般的な風邪と違って急に発症し、症状が重くなります。

そしてインフルエンザは飛沫感染します。人混みや電車や繁華街で誰かが咳をしたら…少し強くなりますね(・・;)

人間がかかるインフルエンザウイルスは3種類あり、A型インフルエンザウイルス・B型インフルエンザウイルス・C型インフルエンザウイルスがあります。種類によって症状や特徴が違います。


A型インフルエンザウイルス
A型インフルエンザは最も感染力が強く、流行しやすい特徴があります。このA型インフルエンザは人間だけではなく、鳥・豚・馬などにも感染します。一時期、ニュースでもよく見かけた「鳥インフルエンザ」はA型インフルエンザと同様です。


B型インフルエンザウイルス
B型インフルエンザは一般的な風邪と似たような症状で間違いやすいです。A型インフルエンザに比べると症状が重くないので市販薬で治す方が多いので、症状が長引いたりします。B型インフルエンザは感染時期が2~3月頃で、下痢や嘔吐などの症状がでるので気をつけてください。ノロウイルスと間違えることもあると思います。


C型インフルエンザウイルス
C型インフルエンザはA型インフルエンザやB型インフルエンザに比べると症状が軽い。インフルエンザの中ではあまり知られていない人も多いと思いますが、症状は軽くても乳幼児がC型インフルエンザにかかると重症化することもあるので気をつけてください。C型の特徴は一度感染すると免疫がつくので、その後再び感染することはごく稀です。


ウイルス性の病気に一度感染すると、免疫ができるので再び感染することは稀なのですが、インフルエンザの場合はA型・B型・C型ではウイルスが違うため、A型に感染したとしてもB型に感染することもあります。そのためワンシーズンで両方に感染することもあります。

なので、インフルエンザに一度はかかったことがあるけど、油断は禁物ということです。

インフルエンザの特徴・症状


インフルエンザの特徴は一般的な風邪とは違います。重症化することもあるので気をつけましょう。

潜伏期間・・・1~3日間
発症・・・急に38度以上の高熱が出る
症状・・・悪寒、頭痛、関節痛、全身がだるい、咳、たん、腹痛、下痢、呼吸困難

インフルエンザにかかると、その症状が3~7日間続くのでとてもしんどくなります。健康な人であればそのまま治っていくのですが、免疫が落ちていたり、老人の方は気管支炎や肺炎も併発したりすることもあるので脳炎や心不全になることもあります。


スポンサーリンク


予防と対策は?


V™ƒV[ƒ“•Ê01-•a‹C—–hKŠµ2
インフルエンザの予防に効果が期待できるのはワクチンです。ワクチンは流行を迎える前の月に接種することをおすすめします。(だいたい11月頃)

ワクチンの効果は接種してから2週間後ぐらいと言われています。なので前もってインフルエンザの予防のためには接種しましょう。

ワクチン接種以外の予防対策について以下にまとめました。

マスクを着けること
鼻・口・あごまでしっかりと覆うことが大切です。マスクを着けることでウイルスを侵入するのを防ぐのと、のどや鼻の粘膜の乾燥を防ぐためにもあります。

うがい、手洗い
うがいや手洗いは付着したウイルスを落とすことになるので、まず手をしっかり洗ってから最後にうがいをしてウイルスを落としましょう。

免疫力を高めるために運動
血行が良くなることで免疫が高まり、病原体などにも素早く対応することができます。

湯船に浸かって血行促進
冷えて血行が悪くなった体を湯船に浸かって全身を温めることが大切です。

人混みや繁華街にあまり行かない
インフルエンザが流行ったら、風邪気味の方や妊婦や老人は避けたほうがいいです。インフルエンザは飛沫感染なので人混みが多いほどどこでインフルエンザに感染するかわからないです。

インフルエンザの時の食事


食事

インフルエンザの時の食事はどのようなものがおすすめなのでしょうか。

インフルエンザに感染した場合に大切なのが、「十分な睡眠」「十分な休養」「栄養補給」です。

免疫を高めるためにもしっかり食事をとることが大切です。色んな食材を入れたスープお鍋をおすすめします。

納豆・玉ねぎ・にんにく・はちみつ・バナナなどの食べ物もおすすめします。食事も大切ですが、水分もしっかり取りましょう!

まとめ


インフルエンザは3種類ある
A型インフルエンザは最も症状が重い
インフルエンザは飛沫感染
インフルエンザ予防に予防接種もあります
予防対策はしっかりと
手洗い、うがいは毎日心がけましょう


インフルエンザに感染しないように普段から予防対策をしましょう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする