生姜のもたらす効果は?ダイエットや美容効果あり


薬味や料理でよく使われる「生姜」。美容や健康のために生姜はジュースなど飲み物にも入れたりしますよね。

生姜の歴史は長く、世界中で薬の代わりとして使われていました。そんな生姜のもたらす効果は凄いです!生姜を食べると、冷え性が和らいだり、ダイエット効果もあると聞いたことはないですか?

今回は、美容と健康にもいい「生姜」の効果や生姜ダイエットについて調べてみました。

スポンサーリンク

生姜について


生姜
インドでは生姜は、紀元前300~500年前にはすでに保存食や医薬品として使われていました。中国では、紀元前650年に食用として使われていて、ヨーロッパには紀元1世紀頃には伝わっていたといわれています。

生姜は栽培や収穫方法によって根生姜・葉生姜・矢生姜に分類されます。

根生姜
地下の塊根部分を食用とするもの。

葉生姜
根茎が小指程度の大きさまで育ったところで葉がついたまま収穫したもの。

矢生姜
軟化栽培して、15cm程度に成長したところで太陽に当てて茎が紅色になった時期に収穫したもの。

日本料理でも生姜はよく使われます。すりおろしたり、すりおろした生姜を醤油と合わせて「生姜醤油」にしたり、千切りにしたりと、薬味として使われることも多いです。
また、生姜の根茎を使った、お寿司屋さんでもよく見る「ガリ(甘酢漬け)」や、梅酢で漬けられた「紅生姜」もあります。

生姜はさわやかな辛味もありますし、魚などの臭い消しでも使用されます。日本にとっても生姜はなくてはならない食材の一つです。

生姜の美容効果・ダイエット効果


生姜のは、昔から薬としても使われていました。生姜のもたらす効能は、女性に多い冷え性を改善したり、体を温めてくれる効果があるので健康にもいいし、美容にも効果があります。

年々、新陳代謝は落ちていきますが、生姜を食べることで新陳代謝を促進してくれる効果があるので、お肌が生まれ変わるのを手伝ってくれたりと女性には嬉しい効能もあります。

生姜のジンゲロールとは?


生姜に区含まれている成分、ジンゲロールには抗酸化作用があります。殺菌作用や免疫を活性化してくれる効能があるので、頭痛や吐き気に効果的です。

日々、活性酸素が作られて、お肌の老化に繋がっていますが、このジンゲロールを摂取することで酸化するのを抑制してくれる効果があります。なので、お肌の老化の原因をやっつけてくれるので、美肌効果に繋がります。ニキビや肌荒れにも効果が期待されます。

生姜オールとは?


生姜オールとは、生姜を加熱することによってできる成分です。体を内側から温めて新陳代謝を促進してくれる効果があります。

生姜オールはゆっくり体を温めてくれる効果があります。じっくり温めてくれるので、しっかり血行もよくなります。新陳代謝が促進されると、お肌の生まれ変わりもはやくなるので、肌荒れ・ニキビにも効果が期待されます。

さらに、生姜オールには肥満を防止する効果があるので、ダイエットのサポートにも効果があります。

生姜ダイエットのポイント!


生姜ダイエットする場合は以下のことを守りましょう!

1日の摂取量は10g~20g
大量に摂取しても効果はあまりなく、逆に胃や腸に刺激を与えてしまうので気をつけてください。

生姜は加熱しましょう!
ダイエットには生姜オールが必要です。生姜オールは加熱することでできる成分です。

飲み物に生姜を入れたり、普段の食事に生姜をプラスするだけでも効果はあります。代謝もあがり、免疫力も上がると風邪予防にも期待が高まります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする