ハロウィンでお菓子を配る意味は?手作りと市販どっちがいい?


10月31日は、みんなが大好きハロウィンです。日本ではハロウィンの日は、コスプレ・仮装パーティーのように至る所で、パーティーが行われます。

実際、海外で行われているハロウィンは、「秋の収穫祭」や「悪霊払い」の意味があります。そして、子供達が「トリック・オア・トリート」と言って、近所の人からお菓子をもらう行事もあります。

ハロウィンではお菓子を配る意味があるのでしょうか?またお菓子は手作りと市販だとどちらが喜ばれるか調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

ハロウィンでお菓子を配る意味は?


ハロウィン

ハロウィンではお菓子を配る意味は何かと気になり、調べてみました。

先ほども話しましたが、ハロウィンは「悪霊払い」のイベントです。海外では、子供達がお化けや魔女の格好をして、近隣の家にお菓子をもらいに行きます。

お菓子を配る意味は、お化けに見立てた子供達にお菓子を配ることで、「悪霊払い」「厄除け」になるのです。やはり、悪いことは起きて欲しくないのが願望ですが、それを防ぐために、お化けに仮装した子供達にお菓子を渡して、災難を防いでいます。

子供達がお菓子を貰うときに、伝える言葉「トリック・オア・トリート

これは、英語に表記すると「Trick or Treat」になり、直訳すると「いたずらかご馳走か」となります。なので、「お菓子くれないと、いたずらしちゃうよ!」という言葉を子供達は伝えています。大人たちは、その言葉を聞いて、災難にならないようにと、子供達にお菓子を渡しているのです。

手作りと市販どっちがいい?


ハロウィン

では、ハロウィンに配るお菓子はどのようなお菓子がいいのでしょうか?

市販のものだと、ファミリーパックなどを買って、小袋に詰めても可愛いと思います。手作りだと、アイシングクッキーでハロウィンにアレンジしてもいいかと思います。しかし、手作りのお菓子に抵抗がある方や、苦手な方も中にはいると思われますので、手作りはとても仲良しの方限定でいいかと思います。

市販のお菓子だと、小袋をアレンジして詰めると可愛くなりますよね♪

・チロルチョコ
・パイの実
・パックンチョ
・ハイチュウやぷっちょ
・ペコちゃんキャンディー
・マーブルチョコ
・ムーンライト
・ルマンド…etc.

スポンサーリンク



色んなお菓子の組み合わせを考えて、配っても喜ばれると思います。ハロウィンの時期になると、パッケージもハロウィン仕様になっていることが多いので、デザインが可愛いお菓子の方が子供達も嬉しい気持ちになります。

子供達に、「トリック・オア・トリート」と言われたら、「ハッピーハロウィン!」と返すことが正しいです。今年もハロウィンを満喫しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする