彼岸花の花言葉の意味が怖い!赤や白や黄色の意味は?開花の時期は?


赤く、綺麗な色の花

「彼岸花」

彼岸花は「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」とも呼ばれます。

彼岸花は、なんとなくイメージがよくない、暗いイメージがあると思います。調べていると、彼岸花の花言葉が怖いというキーワードを目にしました。

彼岸花の花言葉の赤色、白色、黄色の意味や開花時期を詳しく調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

彼岸花の花言葉の意味は怖い?


彼岸花
彼岸花の花言葉は、彼岸花の花の色によって変わってきます。

今回は彼岸花の赤色、白色、黄色の花言葉を調べてまとめました。

彼岸花の赤色の花言葉
・情熱
・陽気な気分
・再会
・独立
・あきらめ
・また会う日を楽しみに
・想うはあなた一人

彼岸花の白色の花言葉

・想うはあなた
・また会う日を楽しみに

彼岸花の黄色の花言葉

・深い思いやりの心
・悲しい思い出
・追想

スポンサーリンク



このように彼岸花の花言葉に、怖い意味は全くないのです。

彼岸花の花言葉には情熱的な気持ちが伝わる言葉が多いです。しかし、彼岸花には死を連想させるイメージが昔からあります。

・彼岸花を家に持って帰ると火事になる
・彼岸花を摘むと死人がでる


このような迷信が昔からあるので、怖いイメージが、彼岸花にはついてしまっています。また、彼岸花には毒があるので、そのことからもイメージがつけられたとされています。

でも、彼岸花の花言葉には怖い意味が全くないです。

しかし、彼岸花は死を連想させるイメージがあるので、贈り物などには不適切になるので注意してください。
彼岸花には別名があります。
・死人花
・剃刀花
・地獄花
・狐花
・捨子花
・毒花
・痺れ花
・天蓋花
・雷花…etc.
彼岸花の別名もたくさんありますが、別名の方が少し怖いですね…

彼岸花の開花の時期は?

彼岸花は、道端や田んぼの端っこなどでよく見かけますね。

彼岸花は、名前の通り、

「お彼岸」

の時期に咲き始める花です。

なので、彼岸花の開花時期は夏の終わりから、秋の初めにかけて咲き始めます。

彼岸花は、夏の気温によって開花時期に影響されると言われており、暑い日が多いと、開花時期が少し早くなるようです。

お彼岸は、春と秋にありますが、彼岸花は秋にしか咲かない花です。

最近は、品種改良されてる彼岸花も多いので、開花時期が7月〜の彼岸花もあるようです。

最後に


彼岸花の花言葉は怖いと言われますが、実際はそういう意味がないということがわかりました。

彼岸=死を連想させるイメージがあるので花言葉が怖いと思われるようになったようです。
しかし彼岸花の花言葉は色によって違いますが、情熱的な意味もあったりと素敵な花の一つであります。

これから秋になり少し涼しくなってきて、道端などで彼岸花を見かけることが増えてくると思います。

見かけたときは、ふと花言葉や別名など思い浮かべていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする