ハロウィンでかぼちゃが使われる意味は?起源や怖いのはなぜ?


ハロウィンは毎年10月31日です。

日本では、ハロウィンの日や10月初旬からハロウィンまで、観光地やディズニーランドやUSJでコスプレをしながら楽しむ行事の一つになっていますね。私も、学生の時にハロウィンの日にコスプレをして遊んだ経験もあります!

ハロウィンも毎年、コスプレすることが定番化になってきましたが、本来のハロウィンの起源や、かぼちゃが使われるのはどうしてでしょうか?また怖いハロウィンについても気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

ハロウィンについて


ハロウィン

ハロウィンは、またの名はハロウィーンと言います。(Halloween,Halowe`en)
もともとは秋の収穫祭を祝い、悪例などを追い払う行事でした、近年ではハロウィンは一般的な行事として定着していきました。

子供達が、仮装して近所の家を周り、お菓子をもらったりすることや、かぼちゃの中身をくり抜いて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾る風習もあります。

ハロウィンの起源は古代ケルト人


ハロウィンの起源は、古代ケルト人が行われている祭りだそうです。
ケルト人の一年の終わりは,10月31日と考えられてました。この夜は夏の終わりを意味をし、冬の始まりでもあると言われており、亡くなった霊が家族の元に帰ってくると信じられていたそうです。日本のお盆とも似ていますね!


スポンサーリンク


そして、同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るためにも仮面などを被り、魔除けのために焚き火を焚いたりしていたそうです。

これに繋がり、31日の夜、かぼちゃをくり抜いた中にロウソクを立てて「ジャックオーラータン」を作って、魔女やお化けに仮装した子供達が近所の家を周り、一軒一軒訪ねて「トリック・オア・トリート」と伝えて、お菓子を貰ったりします。

何故、ハロウィンにはかぼちゃを使うのか?


何故、ハロウィンにかぼちゃをくり抜いて、その中にロウソクを使うようになったのでしょうか。

昔は、かぼちゃではなくて、カブをくり抜いて、中にロウソクを入れてたようです。ヨーロッパからアメリカに移住してきた人々は、アメリカではかぼちゃが多く収穫されていたため、カブではなくかぼちゃをくり抜いて、ハロウィンに使われるようになったようです。

では、何故、かぼちゃをくり抜いて使われるようになったのは、「ジャック・オ・ランタン」という伝説からきているようです。

アイルランドには古い伝説があり、ろくでなしのジャックという名前の人の話から始まります。ろくでもない男のジャックは頭は少し冴えますが、悪魔と契約を結びました。困ったこともありましたが、人生を遊びまくり、いざ死んだ時に、天国にも行けず、地獄にも行けず、永遠に暗闇の中を彷徨い続けないといけなくなりました。

悪魔との契約は恐ろしいです。。

ジャックは、死んだ後、悪魔に火種を貰い、近くにあったカブを拾って、火種が消えないようにカブの中をくり抜いて作ったランタンに入れて、永遠に暗闇の中を彷徨い続けることとなったようです。

かぼちゃが怖い形にされている理由は、悪魔や亡霊から避けるためにも、怖い顔になってたり仮装したりするようですね。

最後に


ハロウィンは、秋の豊作を願いを込めて収穫祭としての祭りの一つでもありますが、近年では楽しい行事として定着してきました。ハロウィン=コスプレ化としている日本ですが、ハロウィンの時期に少しでもハロウィンの起源を考えていただけたら、もっと楽しくなりそうですね。

ハロウィンでかぼちゃが使われる理由と起源などについて調べました。最後まで有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする