夏バテの症状とチェックの仕方は?吐き気と頭痛がしたらどうする?


どんどん暑くなってくると、体が上手く体温調節が出来なかったり、体がだるく重たくなったり、食欲が無くなったりと様々な症状が出ますが、これが夏バテです。

スポンサーリンク

夏バテの症状とチェック!


夏バテの症状は色々とあります!

1、疲労感と全身のだるさ
代表的な夏バテの症状。体がだるくてなかなか疲れが取れない日々が続きます。それに暑さが続き眠りにくいことも多くなります。それによってさらに体のだるさが増して余計にしんどくなります。

2、食欲低減
自律神経の乱れから消化器系も機能が弱まり、体に必要なエネルギーやビタミンが取れず不足しがちになります。それによって体のだるさから無気力になったりします。

DI_IMG_5697_TP_V

夏バテのチェック!


・だるい、疲れがとれない
・寝不足が続く、眠れない
・食欲がない
・水分を摂らない
・便秘または下痢
・涼しいところにいてることが多い
・熱っぽい


このチェックに当てはまることが多いと夏バテと言えるでしょう!

夏バテで吐き気と頭痛


夏バテから吐き気と頭痛がしたら要注意です!

スポンサーリンク


夏バテの症状として体のだるさや疲労感と考えられますが、一方で吐き気があって嘔吐までしてると夏バテ以上にそれは熱中症の疑いがあります!夏バテと熱中症の原因は異なりますが症状が少し似ています。

そして頭痛も熱中症の疑いがあるので、もし夏バテかな?と思いながらも吐き気と頭痛がしたら熱中症かも知れないので要注意です!

夏バテ対策


日常生活でできる夏バテ対策を紹介します♪

1、栄養のある高い食事を食べること
暑くなると自然に食欲は落ちますが、量より質を優先して食事を摂りましょう。
疲労回復に効果があるお米・豚肉・うなぎ・山芋などのタンパク質、高エネルギー、高ビタミンの食材を取り入れましょう。

2、しっかり寝ることで体も休めましょう
疲れを溜め込まないことが大切です。早く寝て睡眠時間をしっかり取ること!
寝る前には38度ぐらいのぬるめのお風呂に入ることでぐっすりと体を休めながら睡眠がとれるでしょう。

夏バテ予防と対策をすることで、楽しい夏を過ごしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする