奈良の紅葉2017年の名所や見ごろは?ライトアップは?


紅葉の季節になると、京都に行かれる方が多いと思いますが、

奈良県

にも紅葉の穴場スポットや紅葉名所がたくさんあります。

メディアでも紹介されるの京都の紅葉が多く、奈良の紅葉の情報は少ないですが、今年はぜひ、奈良県にも足を運んでいただけたら嬉しいです(*^_^*)

今回は2017年の奈良県の紅葉の名所や見ごろやライトアップ情報を調べました。

スポンサーリンク

奈良の紅葉

奈良県の紅葉名所はどこでしょうか?

奈良県には四季を通して自然溢れる場所が多いです。また建造物もあるので日本の風情も楽しみつつ紅葉をたくさん見られるのでおすすめです。

では、奈良の紅葉名所をまとめました。紅葉の色づき始めや見ごろも紹介します。

奈良公園

奈良公園
奈良公園には「東大寺」「興福寺」などの寺院や国立博物館などが隣接されています。そして野生の鹿がたくさんいてるので、鹿せんべいをあげたりすることも出来ます。

日本の由緒ある建造物を眺めたり、広い庭園からも紅葉を楽しむことが出来る紅葉名所となっています。
住所 奈良県奈良市春日野町
アクセス 電車:JR・近鉄奈良駅から市バスで「大仏殿春日大社前」下車徒歩約5分

車   :第二阪奈有料道路終点から約15分、名阪国道天理ICから約20分
色づき始め 例年10月下旬
紅葉の見ごろ 例年11月上旬〜12月上旬
奈良公園の紅葉は、桜やナンキンハゼやモミジやイチョウなどの様々な種類を楽しむことができ、紅葉と緑のコントラストも鮮やかに見ることが出来ます。

正暦寺

紅葉
正暦寺は一条天皇の発願によって、関白九条兼家の子兼俊が992年に創建した寺院です。

昔から「錦の里」と呼ばれており、秋の時期になると木や緑や赤や黄色の紅葉のコントラストも鮮やかで眺めが最高に綺麗です。
住所 奈良県奈良市菩提山町157
アクセス 電車:JR奈良駅・近鉄奈良駅から正暦寺行きの臨時バス有(紅葉時期のみ)

車   :名阪国道天理ICから約20分
色づき始め 例年11月上旬
紅葉の見ごろ 例年11月中旬〜12月上旬
正暦寺の紅葉の種類はカエデやイチョウやオウバクやナンテンなどの種類が楽しめれます。おすすめの紅葉穴場スポットは福寿院からの眺めがとても最高です。

談山神社

談山神社
談山神社は多武峰の山中に唯一木で造られた十三重の塔と様々な大きさの社殿があります。秋の紅葉の時期になると3000本ものカエデに包まれて綺麗で美しい情景が見られ、「関西の日光」とも言われています。
住所 奈良県桜井市多武峰319
アクセス 電車:近鉄大阪線・JR桜井駅からバスで25分 談山神社下車から徒歩3分

車 :西名阪自動車天理ICから約50分
色づき始め 例年10月下旬
紅葉の見ごろ 例年11月上旬〜11月下旬
談山神社では紅葉の時期にはライトアップも行われ、夜の紅葉も楽しむことができます。カップルでの紅葉デートにもおすすめです。

室生寺

室生寺
室生寺は女性の参詣が許されていたので「女人高山」と呼ばれています。(高野山は昔から女性が立ち入ることができなかったため)
奈良県と三重県の界にあり国宝でもある金堂や五重塔などがあります。紅葉の時期になるとモミジやイチョウなどが鮮やかな情景を見ることができます。
住所 奈良県宇陀市室生78
アクセス 電車:近畿日本鉄道室生口大野駅からバス約14分、室生寺停留所下車5分

車   :名阪国道小倉ICからやまなみロードを経由して約25分

名阪国道針ICから県道28号線吉野室生寺針線を経由で約30分
色づき始め 例年10月下旬
紅葉の見ごろ 例年11月中旬〜12月上旬
毎年、室生寺でもライトアップがされています。また太鼓橋から五重塔までの参道から見る紅葉の景色はとてもおすすめスポットなのでぜひ、楽しんでください。

最後に

「桜の名所は秋の紅葉も絶景」

という言葉通り、奈良県にはたくさんの紅葉名所があります。

メディアで紹介されることは京都に比べると少ないですが、昔からの建造物なども多いので紅葉と一緒に見ることで素敵な時間を過ごすことができると思います。

今年はぜひ、奈良の紅葉を楽しんでみてはいかがですか(≧∇≦)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする