みょうがは栄養素が高い?食べ過ぎるとボケるとは?人気レシピ


これから暑くなる季節になってきますが、そんな時に料理の薬味などにみょうがはいかがですか?


少し独特な香りと癖がありますが、そこがまた美味しい!
昔は苦手でも大人になってからみょうがが大好きになったという方も多いことでしょう!

そんなみょうがについて人気レシピや栄養素などについて調べてみました!

スポンサーリンク

みょうがの栄養素は?健康美容にいい?


みょうがはショウガ科ショウガ属に属する多年草で生姜の近縁だそうですね。
ちなみに、生姜は世界中で使われていたり、栽培されてたりしますが、みょうがは日本と中国や台湾など一部の国と地域でしか使用されていないようです。料理に使うというよ薬などに使用されているようですね!

みょうがは栄養素が高いと言われていますが、みょうが自体は90%が水分で出来ています。
栄養素のマグネシウム・リン・カリウム・食物繊維・ビタミンC…などは少量だそうです。

ただみょうがにはいくつかの成分が含まれており、様々な効果があります!

みょうがを食べるだけで食欲増進・消化促進・血行を良くしてくれるので血液サラサラにし、新陳代謝をあげてくれるので夏バテにも効果的です!

夏バテといえばゴーヤもおすすめです♪

スポンサーリンク


みょうがを食べ過ぎるとボケる?


みょうがを食べ過ぎると「ボケてしまう」「馬鹿になる」と言われています。この俗説によってみょうがを食べることを控える方もいらっしゃるようですが、最近の研究ではみょうがを食べることで集中力や記憶力が高まる可能性が高いと発表されているようです!むしろ、食べたほうがいいです!

最近、忘れっぽいなという方にもみょうがはおすすめですね♪

みょうがの人気レシピ!


みょうがの人気レシピを調べてみると本当にたくさんあります。

みょうがは甘酢漬けであったり、天ぷら、薬味とイメージがありますが、豚肉と炒めたりサラダに和えてみたりとアレンジ方法がいっぱいです!
私はみょうがたっぷりいれたつゆでそうめんを食べたいです♪

みょうがは保存も出来るので薬味だけではなく色んなレシピ料理を試してみたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする