お盆玉とは?地域の相場や額・いつから渡すべきかについて


最近頻繁に聞くようになったお盆玉。このお盆玉の相場や額、由来、または郵便局が流行らせた真相、いつから流行っているのかなど、お盆玉についての疑問についてお答えしようと思います。

スポンサーリンク

迷惑極まりないお盆玉とは?由来は?


お盆玉とは、新年のお年玉の夏バージョンのことで、夏のお盆シーズンに帰省してきた孫や子供に上あげるもののようです。

山形では江戸時代に、奉公人に「お盆小遣い」を上げるのが風習になっていたようなのですが、それがルーツになって最近になって話題になってきているようです。

郵便局が流行らせたって本当?いつから?


では、なぜここ数年でお盆玉が話題になるようになってきているのでしょうか。

どうやら、郵便局でお盆玉袋が販売されるようになって、そこからメディアが面白がって取り上げるようになり、徐々に知名度が高まてきたようですね。私も郵便局にお盆玉があって凄くびっくりした覚えがあります・・・こんなものあるんかい!と思いましたし、家族に話したらびっくりしてましたからね。

実際に、現代ではいつから話題になってきたかというと、マルアイという山形の会社が販売を開始し、その後2014年からは全国の郵便局でお盆玉袋が販売されるようになって広がっていったようです。

郵便局としては、

「郵便局は、手紙や贈りものもそうですが、人と人をつなぐのが役割です。お盆玉袋も、人と人をつなぐきっかけになれば」

との想いでお盆玉袋を販売しているようですが、ネットの声を調べると迷惑極まりないと思っている人が多いようですね。

年始にお年玉を渡して、お盆の帰省時期にはお盆玉・・・お金で人を人をつなぐきっかけとは、なんとも現金な世の中ですね。

スポンサーリンク


お盆玉袋・ポチ袋に入れて渡すべき?


調べてみたところ、現金だけで渡すよりもポチ袋に入れてお渡しするのがマナーのようで、この辺りをマナーとして広めていくのも郵便局の仕掛ける側の意図が見えてきますね。ポチ袋の値段は3枚入りで100~300円程度のものが多く、可愛いキャラクター物のポチ袋も増えてきています。

これからは流行りのキャラクターなど、子供が喜びそうなポチ袋がどんどん増えてきて、大人としては非常に複雑な心境になってきますね。笑

お盆玉の相場がどれくらい?地域毎の違いは?


ポチ袋にお盆玉を渡す側として気になるところはこの相場!

お盆時期は旅行にレジャーに出費がかさむので、現金なお話しですが相場ってどれくらいか非常に気になります。

お盆玉の相場としては、

小学生:1000~3000円

中学生:3000~5000円

高校生以上:5000~10000円

程度のようです。

親戚が多い家庭で、高校生以上が5人とかいると大きな出費になってしまいます。

お盆シーズンの旅行費用が、親戚の子供に渡すお盆玉でなくなってしまわないためにも、親戚同士でルールや相場を決めてしまうのもありかなと思います。

調べてみた所、お盆玉の相場は地域によって差はありませんし、何よりこのようなお盆玉もお年玉も気持ちです。相場に縛られずに無理しない範囲で、お渡しするのが一番かもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする