夏太りの原因は基礎代謝に問題がある?おすすめの解決策は?


夏は本当に暑いですね〜。
外出るのも、家にいてても暑くてどうしようもない時がありますね。


しかし、汗をいっぱいかいたりしてると、もしかして、痩せるのではないかと考えたことはありませんか?夏=痩せる・ダイエットと、頭の中で浮かべたりしたことはありませんか?


実は、夏は逆に太りやすくなる時期でもあるのです。
夏太りというキーワードを聞いたことはありませんか?


何故、夏太りするのか。原因は基礎代謝にあります。

今回は夏太りの原因や、夏太りの解決策を調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

夏太りの原因は基礎代謝


ダイエット

夏は汗がたくさん出るので痩せやすいイメージがあると思います。


何故、夏太りという言葉があるのか…それは基礎代謝が関係しています。
基礎代謝が低下することで太りやすい体を作ってしまうのです。
基礎代謝・・・何もせずに自動的に活動しているエネルギーのこと


基礎代謝は夏の方が活発的に働いているように思いがちですが、実は冬の方が基礎代謝は活発的に働いています。それは、冬は体温より低くなるため、体温を維持するためにエネルギーを活発にさせます。


夏は気温が高いので、エネルギーを動かさなくても体温を維持することが出来ます。なので、基礎代謝は低下してしまうのです。決して、汗をかくことでエネルギーが消費されているわけではないので、食生活とかを気をつけないと、夏太りの原因となってしまいます。


夏は暑すぎて外に出ずにクーラーの効いた涼しい部屋の中にいたり、暑さのせいで食欲がなくなったり、過剰に水分をとったりすることで体温調節が難しくなります。

そうなると、基礎代謝がうまく上がらなくなるので体がむくんでしまったり、太ってしまったりするのです。


スポンサーリンク


夏太りの解決策


基礎代謝の低下で夏太りの原因となりますが、夏太りにならないようにする解決策は一体どういうのがあるのでしょうか。

ビタミン、ミネラルを摂取しましょう!
発汗することで水分だけではなくビタミンやミネラルなども一緒に失います。ビタミンやミネラルが不足することで脂肪が燃焼されなくなるので太る原因となります。ビタミンやミネラルが豊富な食べ物をおすすめします。

むくみをとろう!
暑くなると冷たい水分を摂りがちになりますが、それによってむくみやすくなります。むくみによって体の部分によっては太って見えたりしますし、セルライトの原因にもなります。セルライトがついてしまうと見た目もわるく、頑固で痩せにくくなります。セルライトと脂肪細胞はニコイチになると余計に落ちなくなるので、むくんでしまったらその日のうちにマッサージなどで解消しましょう。

食生活を見直す
暑いからといって食事を控えたり、偏った食事はよくないです。栄養を考えて食事をすることで体は素直なので痩せやすい体質にもなります。しっかり食事をとることも大切です。

夏太りに解消の食べ物は?


定食

暑い日は、冷たいそうめんやざるそば・うどんなど簡単に食べれる物を摂取しがちですよね。たまにはいいと思いますが、夏太りを防ぐためにもしっかり栄養を考えた食事をとることが大切です。

ミネラルビタミンカリウムが入った食べ物をとることをおすすめします。

ビタミンB1・・・豚肉、うなぎ、玄米、豆腐
ビタミンB2・・・納豆、レバー、牛乳
カリウム・・・ほうれん草、モロヘイヤ、納豆、焼き芋、里芋

夏太りのまとめ


夏太りの原因は基礎代謝の低下
夏太りを解消するのは基礎代謝をあげる
ミネラル、ビタミン、カリウムをとること
むくみがあるとマッサージなどする

夏太りしないように、毎日心がけましょう♪しっかり原因と解決策を踏まえることで痩せやすい体に近づきます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする