加湿器はカビの原因になるって本当?正しい使い方とは?


秋から春頃まで乾燥する季節になりますよね。
乾燥を防ぐためにも、風邪予防のためにも「加湿器」って便利なものです。

でも加湿器は使い方によっては加湿器病という病気になる可能性もあるので、
今回は加湿器の気になったことを調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

加湿器


加湿器
加湿器とは、室内の乾燥を防ぎ湿度を保つための水を水蒸気にして吹き出す器具です。
寒い時など湿度が上昇することで同じ室温でも体感的に暖かく感じるとうメリットもあります。

加湿器を使うことで、
・インフルエンザなどのウイルス対策
・鼻やのどの乾燥予防
・ハウスダストの飛散防止
・静電気の防止

などのメリットがあります。

加湿器にはいろんなタイプがあり、おしゃれなデザインも多いです。

スチームファン式、スチーム式
電熱によって水を沸騰させてそのスチームをファンによって放出させ、拡散させるもの。

超音波式
超音波によって水を微細な粒子にして放出するもの。

ヒーターレスファン式
送風機により水を含んだ目の粗いスポンジ状のフィルターなどに空気を通して加湿するもの。

加湿器はカビの原因!?


加湿器のメンテナンスを怠ると、水に含まれるミネラルなどがフフィルターに付着をして加湿能力が低下してしまう原因となります。
また、カビや雑菌が繁殖しやすくそのまま使用すると空気中に放出され、目のかゆみや咳などの呼吸障害の原因となる場合があるので気をつけてください。

カビが繁殖しないためにも次の1つは守ってくださいね。

加湿器のタンク内の水は注ぎ足しはダメです。雑菌などが繁殖しやすいのでこまめに洗って新しい水をいれてください。


加湿器の正しい使い方


加湿器の正しい使い方を知っていますか?間違った使い方はしていませんか?

加湿器は部屋の真ん中に
加湿器は部屋の隅に置いたほうがいいと思っていた方はいると思います。
部屋の隅っこに置くことで壁部分に水分を含んだ空気が溜まってカビや結露の原因に。

寝る時は加湿器を消しましょう
夜にエアコンを切って寝る場合は加湿器も止めましょう。加湿しすぎるとカビの原因になります。

加湿器の蒸気に直接当たらない
お肌に直接当てても保湿にはならないです。逆に乾燥を招くだけなので、加湿器は部屋の温度をあげるものとして使いましょう。

まとめ


加湿器は正しい使い方をすれば、インフルエンザなどのウイルス対策にも効果が期待できます。上手に使うことでお部屋を綺麗に保ち、病気にもならないようにしましょう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする