十五夜とはいつで由来は何?必要なお供え物や意味とは?


夏が終わりが来ると、お月見を楽しまれる方が多いと思います。


日本では月を愛して大切にする習慣が古くからあります。日本では縄文時代頃から月を愛でる習慣があったようです。しかし、月見を禁忌する思想もあったようです。


今回は十五夜について、由来や十五夜の時に必要なお供え物やその意味について調べてみました。

スポンサーリンク

十五夜はいつで由来は?


十五夜

十五夜とは「中秋の名月」や「芋の名月」とも呼ばれています。十五夜は旧暦の8月15日前後に訪れる満月のことをいいます。


今年2017年の十五夜は10月4日になります。


十五夜とは、元々中国から伝わってきた諸説がります。日本で平安時代には、貴族の人たちが月を見ながらを開いて楽しんでいたそうです。その時は月を直接見るのではなく、水面などに映る月を見て楽しんでいたようです。


そして月日が流れ、江戸時代にはお月見は庶民にまで伝わり、秋の収穫を感謝することをしていたようです。


十五夜は満月のイメージがあると思いますが、実は絶対にそうではないことを知っていましたか??


旧暦では、月の満ち欠けを見て日付を決めていますが、新月の時が1日、満月の時が15日、その後、また新月になる日に新しい月に切り替わっています。しかし、新月から満月になるまでの日数は絶対に15日ではないので、満月でない可能性が多いようです。


今年の十五夜は2017年10月4日ですが、満月は10月6日になります。


十五夜の食べ物とその意味


十五夜の時に必ずお供えする物は、団子すすきですよね。このお供え物の意味は何があるのでしょうか?


団子
十五夜でお供え物する意味は、秋の収穫に感謝するということがあります。穀物の収穫に感謝するため、月と同じ丸いお団子を作るようになり、そのお団子をお供えするようになりました。

スポンサーリンク


すすき
すすきにも、収穫に感謝する意味があります。本来は稲穂をお供えするのですが、十五夜の時期には稲穂があまりないのですすきをお供えするようになりました。しかし、最近では稲穂をお供えするようになっているようですね。



十五夜には、秋の収穫を感謝する意味もあるので、団子やすすき以外にも、秋の収穫物をお供えするのもいいですよ。さつまいもや芋類など、秋の味覚もお供えするのもいいと思います。

日本には素敵な風習が今もあります。十五夜は日頃の感謝の気持ちもお月様に向かって伝えることも大切だと思います。今年の十五夜は大切な人と過ごせますように…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする