日焼けで皮がめくれた時のケアは?鼻や顔の皮むけ防止は?


これからどんどん日差しも強くなり暑くなってきますね。油断していると、日焼けしていることってありませんか?そして、日焼けして落ち着いたと思えば皮がめくれてきたりと…

特に、女性の方だと顔や鼻のところがめくれたりしませんか?そうなると、化粧でも誤魔化しきれないですよね。落ち着くまで大変です。

ですが、しっかり予防対策ケアをしておけば日焼けの皮めくれることや皮むけは防止できるので、今回はそのことについて調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

日焼けとは


‘ål—« F‰Ä
日焼けはれっきとした火傷です。日焼けによるお肌のダメージは少なくなく、ひどい状態だと水ぶくれやむくみが起こることもあります。また、痛みや火照った感じにもなることもあります。

長期間にわたって紫外線を浴びていると、シミにもなり皮膚の弾力性がなくなり、しわができやすくなります。

絶対に日焼けをしたくない方やシミやしわを作りたくない方は日頃からしっかりと日焼け対策をしておくことが大切です。

皮がめくれた時のケアは?


日焼けして皮がめくれる理由は、皮膚の細胞が水分を失われ乾いて死んでしまっている状態です。しかし、皮がめくれているということは、皮膚が再生しようとしている証拠でもあります。

自然と皮がめくれようとしている部分は、皮膚が新しい皮膚へと生まれ変わっている証拠なのでいいのですが、見た目は少し気になりますよね。

皮が自然とめくれている部分であれば、自分で皮をめくっても大丈夫なようですが、まだめくれていない所を無理やりめくるのはダメです。皮膚が再生しようとしていない所をむいてしまうと、その部分に紫外線が浴びることでシミとなってしまうからです。

気になるのは承知ですが、自分では無理くりにめくらずに、自然に皮がめくれるのを待ちましょう。

皮がめくれてしまった後のお肌のケアは大切です。お手入れはもちろん、食事も一緒にすることでお肌の生まれ変わりを促したり、内側からお肌を綺麗にしてくれます。

体を洗う時は優しく洗いましょう
お風呂で体を洗う時は、ごしごしとタオルでは洗わずに、手で優しく洗いましょう。

お肌にあった化粧水や乳液やクリームで保湿
皮膚の再生を少しでも早く促すためにもしっかり保湿はしてください。

ビタミンA,C,Eを摂りましょう。
紫外線対策に効果がある栄養素です。お食事などで摂りましょう。

スポンサーリンク


鼻や顔の皮むけ防止は?


顔なども日焼けをしてしまうことが多いですよね。特にとかは皮がめくれやすいです。

女性の方はメイクをする方が多いと思いますが、皮がめくれていると、化粧が浮いてしまいますし、お直しする時も大変になりますよね。

体の日焼けもそうですが、顔も油断しがちです。日焼け止めを塗っていたとしても気づけば汗で取れていることも多いと思います。こまめに塗り直しや、日焼けしないように防止やカバーできるものをつけましょう。

もし、皮がむけてしまうことがあっても、無理くりめくるのはダメです。

気になる場合は、敏感肌用のクリームや乳液などで優しく保湿しながらマッサージするようにするとポロポロ取れることもあります。おすすめです♪

そして、お肌の再生を少しでも早くなるように、食事・生活・睡眠をしっかりきちんとしましょう。保湿もこまめにすることが大切です。

日焼けは放置してしまうと、何年後かにシミとなって出てくることが多いです。そのまま放置しておくと濃くなってしまったり、余計に大変なことになるので、日焼けした場合はきちんとお手入れをしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする