夏風邪の原因と予防対策は?早く治す方法と長引く場合


これから夏に差し掛かろうといしていますが、
夏の風邪はやっかいで治りにくいと聞いたことありませんか?
そんな夏風邪の原因と予防対策について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

夏風邪の原因


まず、夏風邪とは何でしょうか?

一般的な風邪のウイルスは乾燥して寒い空気を好むウイルスが一般的な風邪の原因ですが、
温度が高く、湿っているところが好きなウイルス=夏風邪の原因となります。

夏風邪になる原因の代表的なウイルスがあるそうです。
1、アデノウイルス
2、エンテロウイルス


アデノウイルス


「アデノ」とは扁桃腺やリンパ腺を意味します。呼吸器や腸などで増殖するウイルスで症状が現れる形が部分的に異なります。アデノウイルスは夏風邪の原因となるウイルスの中でもっとも有名で名前の由来通り、のどの痛み・発熱・激しい咳などの症状が出ます。

エンテロウイルス


「エンテロ」は腸という意味があります。のどで感染し、それから腸の中で繁殖するウイルスだそうです。小さい子供にかかりやすく下痢や嘔吐、胃腸が優れないなどの症状がでます。エンテロウイスルは「手足口病」などの原因で、最近は子供から大人へ感染してかかると言われているので要注意です。

予防対策

これから暑くなるとクーラーをつけて涼しい部屋にいることが多いと思います。

しかし、一歩外に出ると暑い。

そういった温度の差から自律神経が乱れてしまい体温調節が難しくなり、免疫力が低下してしまう恐れがあります。そうなると、風邪になりやすくなります。

なので、部屋のクーラーの温度は下げ過ぎない(適温で過ごしましょう)・お腹を冷やさないようにタオルをかける・睡眠をしっかりとることが夏風邪の対策になります!

スポンサーリンク



また、外から帰宅した時は手洗いうがい、部屋の湿度やダニなどの駆除・掃除を行うことが予防に繋がります。

早く治す方法と長引いたら?

もし、夏風邪になってしまったら?
夏風邪はのどの痛みや胃腸が弱ったりという症状が多いので、風邪を引いた時は元気がでる食事をとったほうがいいと言われたりしますが、それは難しいことだと思います。

まずは、体をゆっくり休めること、睡眠をしっかりとることを心がけたほうがいいと思います。

そして、食事は胃に優しいもの、のどへの負担が少ないものを取ることがいいです。(うどん・豆腐・ゼリー)

水分補給もしないといけないので、常温のお水、スポーツドリンクなどを飲みましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする