ボジョレヌーボーの2017年解禁日や種類は?今年のキャッチコピー!


11月になると、ワイン好きは待ち遠しい・・・

ボジョレヌーボー解禁日であります!(≧∇≦)

毎年11月の第3木曜日に解禁されますが、みなさんはワインは好きですか?この時期になるとニュースでも見かけるので今年のボジョレヌーボーにすごく興味津々です。

今回は、ボジョレヌーボーの2017年の解禁日や種類やキャッチコピーについて調べてみました。

スポンサーリンク

ボジョレヌーボーとは?

ワイン ボジョレヌーボーとはワインの一種であり、フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区で作られている新酒のワインのことをいいます。

ボジョレーヌーボーのワインはガメイ種というぶどうから作らていて、その味はフルーティーで若々しく柔らかな感じだそうです。その年に収穫されたぶどうで作られている新酒なので、ぶどうの質が良いのかを確認するためもものでもあります。

世界のワイン好きがこの日をとても待っているとされていおりりますが、一番楽しみにしている国は日本でもあります。ボジョレーヌーボーは輸入量第1位が日本であり、全生産量の約4分の1を占めています。

ボジョレヌーボーの2017年の解禁日は?

ボジョレーヌーボーの解禁日は毎年、11月の第3木曜日と決まっています。

今年2017年の解禁日は、

2017年11月16日(木曜日) 午前0時

となります。

2018年の解禁日は11月18日(木曜日)となります。

ボジョレーヌーボーは午前0時を回っていないと販売ができません。
我こそ先に販売する店があるとそこで購入する人が増えてしまいます。その結果、ワインの醸造が終わらない内に販売を始める店も出てきたようです。

そうなると質が落ちてしまうので、ボジョレーヌーボーは解禁日をしっかり設けて決まりをつくりました。

ワインが好きで大切だからこそこのような解禁日があるということです。

2017年の種類

ボジョレーヌーボーには様々な種類があります。

・ボジョレー
・ボジョレーシュペリュール
・ボジョレーヴィラージュ
・クリュボジョレー

スポンサーリンク


この4種類があります。

ランクが上なものは「ボジョレーヴィラージュ」で、最高級品が「クリュボジョレー」になります。

ボジョレーヌーボーが解禁されると、ワインの種類もたくさんあるので悩まれる方も多いと思いますが、今年の味はどんなもんだろう?と楽しみ考えながら飲むことをおすすめします。

歴代のキャッチコピーが面白い!

ボジョレーヌーボーにはキャッチコピーがついてきます。
毎年、そのキャッチコピーによってワインがどのような味なのか、そしてワクワクドキドキさせるような素晴らしいキャッチコピーに惹かれて購入される方も多いと思います。

2000年〜2016年のキャッチコピーをまとめてみました。

2000年 「今世紀最後の新酒ワインは色鮮やか、甘みがある味」
2001年 「ここ10年で最もいい出来栄え」
2002年 「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えで1995年以来の出来」
2003年 「110年ぶりの当たり年」
2004年 「香りが強く中々の出来栄え」
2005年 「タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ「ザ・ヌーボー」」
2006年 「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」
2007年 「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」
2008年 「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009年 「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」
2010年 「2009年と同等の出来」
2011年 「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
2012年 「ボジョレー史上最悪の不作」
2013年 「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
2014年 「太陽に恵まれ、グラスに注ぐとラズベリーのような香りがあふれる、果実味豊かな味わい」
2015年 「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます」
2016年 「エレガントで酸味と果実味のバランスが取れた上品な味わい」

べた褒めする年もありますが、不作のようなキャッチコピーもとても面白く、なんだか飲んでみたい気分にさせてくれます。

今年2017年のキャッチコピーはどのようになるのでしょうか。

2017年のボジョレーヌーボー解禁まで楽しみになります。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする